必要性について

悲しい顔相続した借地権の売買はトラブルになりやすいものですが、わざわざ底地取扱店に相談せずとも普通の不動産会社に相談すればいいのでは、と思った方もおられるのではないでしょうか。

実際このように考える方は少なくありませんが、一般的な不動産会社に相談した挙句トラブルになってしまうことが多いということも知っておくべきでしょう。地主との交渉には細心の注意を払う必要がありますし、何のノウハウもない会社が交渉をしても話がただこじれるだけということは多々あります。借地権に詳しくない業者だとなおさらこうしたことが多くなるでしょう。

借地権の売買は非常にデリケートなものですし、借地権に関する知識や売買のノウハウがないと一朝一夕にはできません。底地取扱店に相談するべきというのはそうした理由です。底地取扱店ならこれまで数多くの借地権の売買に関わってきていますし、ノウハウも実績もあるはずです。慎重に地主との交渉もしてくれるでしょうし、譲渡条件の調整もできやすいのではないでしょうか。正しい知識や経験に基づいて交渉してくれますし、譲渡条件を把握したうえで価格査定ができるのも底地取扱店の特徴です。まず借地権相続の相談すべき相手は底地取扱店だと覚えておきましょう。

Pocket

トラブルを回避

相談先ほど少しお話したように、借地の売買というのはトラブルに発展してしまうケースが決して少なくありません。地主の意向がとても重要となりますし、地主を無視して話を進めてしまうと十中八九トラブルになってしまうでしょう。借地権にまつわるトラブルは長引いてしまうことが多いですし、収拾がつかなくなってしまうこともあります

そこで、借地権の取り扱いに長けた底地取扱店に相談するという方法が登場します。借地権の売買を専門とする底地取扱店ならベストな考えを提案してくれますし、こうしたトラブルも未然に回避できるでしょう。

地主とトラブルになると借地権をなかなか売ることもできませんし、どうにもならなくなってしまいます。いたずらにトラブルが長引いてしまうと私生活にも影響を及ぼしてしまう可能性もありますし、金銭的な問題なども出てくるかもしれません。底地取扱店なら一番良い方法での解決策についても提案してくれるでしょうし、こうしたトラブルが起きないように配慮もしてくれます。地主とのトラブルにならないよう、長引いてダメージを負わないためにも底地取扱店に相談するというのは大切なことでしょう。気軽に相談することをおススメします。

Pocket

相続した借地権

土地親族から相続するものと言えば現金や預貯金、不動産などが代表的です。両親が土地や建物などの資産を遺してくれるというケースは多いですが、使い道がなく結局手放してしまうという方も少なくありません。また、借地権を相続するということもありますが、借地権も必要ないから売却したい、処分したいとなるケースもあります。このような場合はいったいどのような対処をすれば良いのでしょうか。

相続した借地権を買取してもらうということは可能ですが、そのためには地主との交渉も必要となってきます。借地権を売買するにあたって地主の承諾は絶対的に必要となりますし、勝手に交渉を進めてしまうと後からトラブルになってしまうことも珍しくありません。実際にこうしたトラブルは少なくありませんし、今でもこのようなトラブルは頻発しているのです。では、相続したものの使い道のない借地権を買取してもらいたいときにどうすればいいのかということですが、一つには底地取扱店に相談するということが考えられます。

借地権の売買にも関わっている不動産会社を底地取扱店と呼びます。借地権の売買をするにあたってはこうした底地取扱店に相談することがもっともベストな選択となるでしょう。ここでは、借地権を買取してもらいたい方のために底地取扱店に相談するメリットや必要性についてまとめてみました。少しでも興味がある方、気になった方はぜひ最後まで目を通してください。皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

Pocket