必要性について

悲しい顔相続した借地権の売買はトラブルになりやすいものですが、わざわざ底地取扱店に相談せずとも普通の不動産会社に相談すればいいのでは、と思った方もおられるのではないでしょうか。

実際このように考える方は少なくありませんが、一般的な不動産会社に相談した挙句トラブルになってしまうことが多いということも知っておくべきでしょう。地主との交渉には細心の注意を払う必要がありますし、何のノウハウもない会社が交渉をしても話がただこじれるだけということは多々あります。借地権に詳しくない業者だとなおさらこうしたことが多くなるでしょう。

借地権の売買は非常にデリケートなものですし、借地権に関する知識や売買のノウハウがないと一朝一夕にはできません。底地取扱店に相談するべきというのはそうした理由です。底地取扱店ならこれまで数多くの借地権の売買に関わってきていますし、ノウハウも実績もあるはずです。慎重に地主との交渉もしてくれるでしょうし、譲渡条件の調整もできやすいのではないでしょうか。正しい知識や経験に基づいて交渉してくれますし、譲渡条件を把握したうえで価格査定ができるのも底地取扱店の特徴です。まず借地権相続の相談すべき相手は底地取扱店だと覚えておきましょう。

Pocket