相続した借地権

土地親族から相続するものと言えば現金や預貯金、不動産などが代表的です。両親が土地や建物などの資産を遺してくれるというケースは多いですが、使い道がなく結局手放してしまうという方も少なくありません。また、借地権を相続するということもありますが、借地権も必要ないから売却したい、処分したいとなるケースもあります。このような場合はいったいどのような対処をすれば良いのでしょうか。

相続した借地権を買取してもらうということは可能ですが、そのためには地主との交渉も必要となってきます。借地権を売買するにあたって地主の承諾は絶対的に必要となりますし、勝手に交渉を進めてしまうと後からトラブルになってしまうことも珍しくありません。実際にこうしたトラブルは少なくありませんし、今でもこのようなトラブルは頻発しているのです。では、相続したものの使い道のない借地権を買取してもらいたいときにどうすればいいのかということですが、一つには底地取扱店に相談するということが考えられます。

借地権の売買にも関わっている不動産会社を底地取扱店と呼びます。借地権の売買をするにあたってはこうした底地取扱店に相談することがもっともベストな選択となるでしょう。ここでは、借地権を買取してもらいたい方のために底地取扱店に相談するメリットや必要性についてまとめてみました。少しでも興味がある方、気になった方はぜひ最後まで目を通してください。皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

Pocket